【野菜】リンク【関連】
春においしい野菜の作り方・栽培方法
姉妹ブログ。春キャベツやさやえんどうなどの春においしい野菜を紹介&作り方を載せています。
夏においしい野菜の作り方・栽培方法
姉妹ブログ。かぼちゃやトマトなどの夏においしい野菜を紹介&作り方を載せています。
冬においしい野菜の作り方・栽培方法
姉妹ブログ。大根や白菜などの冬においしい野菜を紹介&作り方を載せています
簡単料理、今晩のおかずどうしましょう?〜料理ブログリンク集〜
手塩にかけて作った野菜達をおいしく料理するための「料理ブログリンク」ブログです。良かったらこのブログを参考に野菜をおいしく調理してください。

スポンサードリンク

2016年09月11日

北海道の台風被害から学ぼう。

北海道での台風10号の被害が具体的になってきましたね。
下の方に少し前の記事ですが、NHKのニュースから引用させてもらいました。

ヘクタールの単位が分かりずらいので、

●1ヘクタールは、だいたい野球のグラウンド(両翼100mのグラウンドとイメージしています。)
●10ヘクタールは縦横300mくらいの公園。
●100ヘクタールは縦1km×横1kmの大きな公園なので 例えばディズニーランド2個分。
●1000ヘクタールは千代田区の面積1100ヘクタール
●1万ヘクタールは千代田区が約10個分。

こう考えるとすごく多くの農地や野菜が被害を受けているのがわかりますね。。。
しかも「確認できた分」とのことなのでこれ以上の被害ってことですね。


大変だ!

確実にじゃがいも製品とかお肉、そのほかの食品にも影響がでるよ・・・
家計にも大大大直撃!間違いなく値上げがあるでしょうね。

こればっかりは自然が相手なので、もう「しょうがない」としか言えません。

でも対策というか、準備はできますよね。

自分の管理できるエリアにある家庭菜園とか、プランター菜園では安定して(収穫の時期にもよりますが)野菜が採れます。
地産地消のスーパーとか、地元の道の駅にどんな野菜や食品が売られているか把握しておけば、いつものスーパーに駆け込まなくても大丈夫という心の準備ができます。

自然災害は台風の他にもこれから先、確実に起こります。
今の時期は台風ですが、冷害や水害もっと強い自然の猛威があります。

○自分で管理できる農場=家庭菜園

ということを考えてこれからはニュースなどを見ていきたいと思います。




台風10号の農地被害 北海道で1万2000ヘクタール超
9月6日 21時52分
北海道のまとめによりますと、先月の台風10号で農作物が被害を受けた面積は、確認できただけで1万2000ヘクタール余りに上っています。

北海道によりますと、先月31日にかけて接近した台風10号による大雨や強風の影響で、農作物が被害を受けた面積は、これまでに確認できただけで合わせて1万2310ヘクタールに上っています。

最も被害が大きい十勝地方では、士幌町や芽室町などで豆類やジャガイモなどが水につかったり、トウモロコシが倒れたりして8881ヘクタールで被害が出ています。

桧山地方では、今金町や厚沢部町などで強風のため、大豆の茎や葉が損傷したり、稲が倒れたりして1258ヘクタールで被害が出ています。

さらに、農業用ハウスや牛舎など農業施設の被害は合わせて2514棟に上っています。

また、十勝地方を中心に停電のため、牛乳を保管する設備が使えなくなるなどして生乳を廃棄せざるをえなかったり、牛や豚などの家畜が大雨で水死したりする被害が相次いでいます。

これまでに北海道内では台風10号の前に、先月、北海道に上陸した3つの台風の影響で1万2000ヘクタール余りの農地で被害が出ています。

(NHK NEWS WEB より引用台風10号の農地被害 北海道で1万2000ヘクタール超 )



ジャガイモの栽培方法




スポンサードリンク
posted by 真 at 11:42 | Comment(0) | 野菜関連ユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。